ヴェポライザーって?WEECKE C-VAPOR3.0

2020年2月28日

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

今更だがWEECKE C-VAPOR3.0を
節煙のできる一つの方法としてご紹介。
結論を言えば、
あれやこれやと目移りするじじぃには合わなかったけど、
コスパのよいヴェポライザーには間違いない。

ご注意!

・法律やマナーを守って楽しんでください。
この記事は未成年者の喫煙を助長するものではありません。

ベイプとヴェポライザーの違い

ヴェポライザー、それは加熱式タバコのことだ。
加熱式タバコ?
アイコスとかグローがこの加熱式タバコになるそうだ。
タバコの葉を火を使わずに加熱することで
タールが発生しない温度で喫煙できる優れものだそうだ。
VAPEはリキッドを蒸発させて水蒸気を吸うものだ。

ちなみにVAPEってのはVaporizerの略だそうで、
もしかしたらベイプとヴェポライザーって使い分けてるのって
日本だけ?と思ってちょっと調べてみた。

ここではポータブルヴェポライザーとベイプペンの違いを
ローラーブレードとローラースケートの用に同じようだけど
違うものと説明していた。

まずデザインが違う

そして加熱システム
ヴェポライザーはコンダクションやコンベクションなど様々、
ベイプはとてもシンプル構造のコンダクション、
直に熱を当てる方式じゃね。

難しいことはよくわからなんだが
ヴェポライザーは高性能で多機能。

ベイプはシンプルでアトマイザー(噴霧装置)は
液体用にデザインされている。
ヴェポライザーで葉っぱを加熱するよりも
圧倒的に早く液体を加熱することができる。
そして、リキッドやワックスなど
用途に合わせてアトマイザーを交換できる。
機能がシンプルで
簡単にアトマイザーなどを交換できるのが祝福であり呪いであると・・・
言い得て妙だな

ただ、日本ではヴェポライザーは葉っぱ(シャグ)、
ベイプはリキッドを吸う専用機みたいな扱いっすね。

まぁ、向こうの人はベイプやヴェポライザーで摂取するのは
ニコチンだけじゃないからねぇ、
そのためにリキッドやオイル、
とくにワックスはすごいらしいね。
まぁ、日本は基本ニコチンすら厳しいけど。(汗)

話逸れちゃったけど、
アイコスやグローみたいに
専用のスティックを使用して喫煙するのではなく、
お好きなタバコの葉を加熱して喫煙できる、
それがヴェポライザーだ!!
(あ~、前記事みたいにまたタイトル変更しなくて済みそうだ(汗))

WEECKE C-VAPOR3.0

ヴェポライザーは大きく分けて3種類に分類できるようだ。

コンダクション方式チャンバー(加熱室)を直接温める。比較的安価
コンベンション方式熱風を対流、まんべんなく加熱させるので中心部の加熱が甘いとかが無い。
ハイブリッド方式コンダクションとコンベンションの両方でチャンバー(加熱室)を温める。

WEECKE C-VAPOR3.0」はコンダクション方式

今回もお世話になったこーへい by ホリック TVさん、
ありがとうございます。購入しました「WEECKE C-VAPOR3.0」

それとちょっと高いと思ったけど「ヒーティングチューブ スペーサー」も購入。

C-VAPOR3.0の外観

こんな感じ

裏側

C-VAPOR3.0の使用方法

蓋を外して、

シャグを詰めて、(詰めすぎ注意)

蓋を戻して、電源を5回連続でタップ、
カチカチカチカチカチ
電源ボタンを長押しで設定温度を10℃ずつ変更できる。
(それなりのキックが欲しいのなら210℃以上)
液晶の温度計が設定温度に向けてどんどん上がっていく。

温度が設定温度に到達するとブルブル、
バイブで教えてくれる。
これで吸えるようになった。
一分後に液晶に喫煙可能残り時間が180秒からカウントダウンされる。

さぁ、いざ実飲。VAPEの時と同じく少しドキドキしながら吸ってみた。

C-VAPOR3.0の使用感想

な、なんじゃこりゃ~!(初めてのVAPEとは真逆の意味で)

あわせて読みたい

じじぃはアイコスとか吸ったことが無かったので、
全く想像外の吸いごたえの無さ、煙の無さ・・・、
こ、壊れとん?初期不良を疑ってしまった。
が、ヴェポライザーとはこういうものだそうだ。

タバコを美味しく吸うにはスロースモーキングだそうだ。
じじぃはタバコを吸う速度は人より早かった。
早く吸う=空気をいっぱい供給→
タバコの火の温度が高温になる→
ニコチンやタールの摂取量が増え、タバコの味がとぶ・・・・

ニコチンタールが増えればガツンとくるので
美味しいと勘違いしてしまいやすいが、
タバコ本来の味はその分損なわれているらしい。

気を取り直して、
紳士になったつもりでタバコの味重視で
ヴェポライザーを使用することに。
なぜか目を閉じて吸ってしまうな。

うん、うん、美味い、美味いぞぉ~、美味い気がするぞぉ。
そんなことやっていたらヴェポライザーの喫煙に慣れてしまった。
慣れたら、これはこれでエエんじゃない!

この記事書くために久々にヴェポライザーでシャグ吸ったが、
うん美味い、美味しいよぉ

シャグポン

吸い終わったら蓋を外して、灰皿に吸いカスをポンッ!
これがシャグポンだそうだ。

ヴェポライザーによってはシャグポンが全くできなくて、
一々耳かきのようなもので
吸いカスを掻き出してやらないといけないのだが、
このC-Vaporはチャンバーがセラミック製で
シャグポン率が高いらしいのだが、
チャンバーが汚れてくるとシャグポン率が落ちてくる。

おすすめアイテム

百均で買ったタッパー

ヒュミストーン(タバコの葉を乾燥させすぎないように湿気を保つためのもの。)、
ネットで教えてもらった自作ヒュミドール
(歯ブラシのキャップにスポンジ入れただけ、同じく湿気を保つためのもの。)
二つとも水分補給して使用してね。
やっぱり葉っぱはドライよりウェット、ブラウンよりグリーンだよね!

チャンバーの傷を気にしなくて良くなったこれ

ユーチューバーGENKI TV【玄貴】さん(彼の動画のやっしーシリーズがお気に)の
動画がきっかけで購入したこれ

これは世界が変わった!
それまでは無水エタノールで掃除してたんだけど、
もう無理って思ってた汚れたグリグリ落ちる!
できなくなっていたシャグポンが復活したよ。
まぁ、それでも落ちない汚れは落ちないけどねぇ。

おすすめのシャグ

みんなおすすめ「コルツ グリーンティー

いや良かったよ、美味い美味い。
VAPEのリキッドもそうだけど、
なにげにお茶系で喫煙すると美味しいんだよね。

あとメンソールとゲバラに惹かれて
チェ・シャグ メンソール」も吸ってみた。

うん、ふつーに美味いよ。安定のメンソール

加熱式タバコ ヴェポライザー WEECKE C VAPOR4.0 最新型

でてますねぇ、やっぱ。
色々改善されているみたいだし、
何よりスペーサースペーサー専用ケース
そのまま使えるのが魅力だねぇ。
ま、じじぃはスペーサー用ケース持ってないんだけど。

それ以前に
(日本限定バージョン)Flowermate/SLICK (フラワーメイト スリック) ヴェポライザー スターターキット 3ヶ月国内保証付き
これも買おうか悩んだんだよねぇ。
しかしヴェポライザーは使用しなくなったので結局購入しなかった。

最後に

なぜヴェポライザーを使用しなくなったのか?
一つには時間に縛られるっていうのかな?
一度セット→加熱ってすると、
必ずC-Vaporの加熱時間4分に縛られるっていうのかな?
だんだんと、
電源オン→他のことに気を取られる→
あ、C-Vaporの加熱時間終わってた!が増えてきだした。
あと、楽しかったVAPE洗浄してヴェポライザー掃除してが
週イチでも面倒くそーなってきた。
でも一番の原因は・・・、

しばらくは、外ではQ14でプルテク、
家ではC-Vaporを使ってニコチン摂取、
口の寂しさ紛らわすVAPEって、
使い分けて運用してたんだけど・・・

むーん・・・、
プルテク1日1カプセルでだいたい百円、
シャグが日割り計算で80円~90円、
VAPEリキッド
(当時買っていたリキッドが10mlで200円~600円ぐらい?)が
1日に2ml~4ml、

む~ん・・・・、
たしかキャメルが(当時)300円だったよなぁ・・・、
た、タバコ代、お、抑えれた・・・??
初期費用や吸うときの手間考えたら断然キャメルのが・・・

すべてをC-Vapor一本でまかなえば
それなりにタバコ代を抑えれたのだろうが、
バッテリー内蔵のC-Vapor一本で運用はキツイし、
そもそもこれを外で運用する気にどうしてもなれなかった。

それにC-Vaporをポチった2日後に
RSQ NS スターターキット」ポチってたので、
VAPE止める選択肢などあり得なかった

最終的に行き着いたのがVAPEリキッドのDIY、
そしてニコチンベースリキッドの個人輸入
いわゆるVAPE沼へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

シャグ

Posted by kabacho