シャグってなんだ?タバコ代を節約したい。手巻き?パイプ?ボング?

2020年2月27日

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

どんどん上がるタバコ代
25年ほど前から、カナダあたりじゃ1箱10ドルらしい、
当時暮らしていたアメリカで、
そんなとこ住めねぇって言っていたが、
割りにすぐにアメリカもそうなったらしい。
止められない時代の流れじゃな。

ご注意!

・法律とルールを守って自己責任でお願い致します。
この記事は未成年者の喫煙を助長するものではありません。

加熱式タバコは安くない

JustFog Q14を使ってプルームテックの喫煙は外出時のみで
1日1カプセルで運用ができるが、
家でもプルームテックを吸っていたら際限無く吸ってしまって、
普通のタバコ吸ってるのとコストが変わらない。

禁煙?いや節煙しよう!

じじぃは結構なヘビースモーカーだった。
タバコを止める気はサラサラ無かったが、
それでもタバコ代は抑えたいっとずっと思っていた。

そこでまず試したのがゴールデンバット
ニコチンさえ摂取できれば味は二の次。

しかし仕事中ポケットに入れていると
ボロボロになるんだよなぁ。
あと、ペッペッ、
タバコの葉が口の中に入らなくする方法ってないのかなぁ?

のび太のパパがやっていた節煙方法を試す

そういえば子供の頃に読んだドラえもんで、
のび太のパパが節約って言って、
カッターでタバコを半分に切って
ミニパイプに刺して吸っていたのを思い出した。

これならタバコの葉も口に入らないし、
一箱が40本になる!?夢のような話だ!!が、

2回ほど試してみてこの案はボツに・・・

吸える量が少なすぎるし、
吸いすぎるとミニパイプが簡単に溶けてしまう。
吸える量が少ないが、
無駄になる(ミニパイプに刺さっている部分)ところも多い。

ヘンリー3世さんによる写真ACからの写真

そういえば、
アメリカから持って帰ってきた
手巻きタバコ用の紙が少しばかり余ってる。

これでピンカス巻き直したら無駄なく吸えるんじゃね?
日本には手巻きタバコ用の紙って売ってないのかなぁ?
とりあえずタバコ屋に行ってみた。

あるじゃん!フツーに売っとった!
それに紙に巻いてない葉っぱだけのタバコも売っとる!
VAPEを初めてから知ったんだけど、
シャグって言うらしいんだよね、
葉っぱだけのタバコのことを。

手巻きタバコ

巻紙とシャグを購入ついでに
タバコがきれいに巻けるローラーとフィルターも購入。
こんなのもあるんだねぇ、そしてイソイソと帰宅

まずはローラーとかフィルターを使わずに
そのまま手で巻いてみる。
クシュクシュの葉っぱをほぐして、
そして少しラッパ型に巻いていく。
最後に舌で濡らして完成!
あぁ、なんか懐かしい
そっから手巻きタバコにちょっとハマった。

以下購入品

フィルターと巻紙とローラー

左上から直径7.8mmのメンソールフィルター、
直径5.3mmのメンソールフィルター。
右上から直径7.8mm対応のマキマキ機、
直径7.8mmと5.3mmの両方が巻けるマキマキ機、
巻紙、シャグに付いていた巻紙×2

ローラーを使った巻き方

まずフィルターをローラーにセット
ローラーにシャグを詰めていく。

詰めすぎるとエアフローが殆ど無くなり吸えない、
緩すぎるとスカスカ、
詰め量は経験で覚えるしか無いけど、
まぁ、ふわっと山盛りかなぁ?

シャグを挟むようにローラーをセット。
セットした手前のローラーを1,2回手前にクルクル
巻紙そ~にゅ~う、同じように手前のローラーをクルクル、
巻紙のノリの部分を残して止める。
ノリの部分を舌で濡らして、残りもクルクル
完成

ボング(水パイプ)

やっぱさぁ、
手巻きタバコって面倒くそーなるんじゃよねぇ。
最初は楽しいよ!クルクル、クルクル

でも吸いたい時にすぐ吸えるようにしておくには
巻溜めしておかないといけないし、
そうなるとそれなりの手間なんじゃよねぇ。

そういやー、
サンフランシスコで出会ったDJ志望のスケートボーダーの彼が
かっこええパイプを持ってたなぁ、
キセルとパイプを足して割って、
洋風寄りに彫刻したようなデザイン。
欲しぃ、ゆえにググるが納得のいくものが見つけられねぇ。
諦めて妥協してこれを購入。

別途購入した蓋がのネジ山が潰れているのか、キレイに蓋が閉まらない・・・

真の購入目的はボング、
パイプは予備的なものとして位置づけ。
ただ、目的はあくまでタバコを吸うことなので
あまり大きく無いボングを探した。
そして購入したのがこちら!

うーん、かわええ。一目惚れやね。
しかし思ったよりもだいぶ小さかった。

使用方法

まずはボングに水を入れる。

葉っぱが下に落ちないように
網のスクリーンを受け皿に設置するのだが、
スクリーン代もばかにならないって言うよりは、
スクリーンを切らさないように買い続けることが面倒くそーて、
アルミホイルに楊枝で穴開けて運用。

受け皿にシャグをツメツメするのだが、
手巻きタバコと同じように、
詰めすぎると吸えなくなるので加減が必要。
まぁ、指でコロコロって軽く丸めて受け皿に

空気穴を指で塞いで、吸引しながら着火。
ボングの中に煙を充満させたら、
空気穴の指を離して一気に煙を吸う。
大きなボングならシュポッって気持ちいい音がしたり、しなかったり?

使用感想

本体が小さすぎて本体に貯まる煙の量が少ないので、
ボングつーよりは
水フィルターが付いたフツーのパイプって感じの利用がベストかな?

最後に

本当はWEECKE C-VAPOR3.0について書くつもりだったのだが、
ドンドン話がそれて別の話になってしまってタイトルが変わってしまった
というわけで次に続く。

あわせて読みたい

おすすめのシャグもこちらで紹介!
ヴェポライザーって?WEECKE C-VAPOR3.0

ブログランキング・にほんブログ村へ

シャグ

Posted by kabacho