EVERZONで買ったSmoant Pasitoが今の外用メイン機

2020年7月31日

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

Eleaf iWũも悪くは無かったんじゃけど、
カートリッジのリピートが面倒くさすぎた。
そこでリビルドできるPODデバイスのSmoant Pasitoを購入した。

ご注意!

・VAPEは20歳以上を対象とした嗜好品です。
・法律やマナーを守って楽しんでください。
日本国内ではニコチンリキッドの
販売、譲渡、授与は法律で禁止されております。
(個人で使用する場合のみ輸入使用可)
・法律とルールを守って自己責任でお願い致します。
この記事は未成年者の喫煙を助長するものではありません。

Smoant Pasito

ちょこちょこ出回っていたLost Vape Orionタイプのポッド型デバイス
それだけなら見向きもしなかったんじゃけど、
別売のデッキを使ってリビルドできるのが大きな魅力じゃった。

カラーバリエーションは4色
・Bronze Blue(青系)
・Classical Red(赤系)
・Carbon Black(黒系)
・Gun Metal(ガンメタ系)

1色増えてるみたいだね。
・STAINLESS STEEL(シルバー系)

青が模様も含めキレイだったし、持っていない色じゃったので、
Bronze Blueを購入した。

外装外観

内容物

・Pasito 本体 × 1
・Pod × 1
・コイル × 2
 - 0.6Ω(DL向き)Mesh Coil … 組み込み済み
 - 1.4Ω(MTL向き)Ni80 Coil … 予備
・Type C USBケーブル × 1
・ユーザーマニュアル × 1
・ワランティカード × 1

正面
ボタン面
裏面

スペック

本体

サイズ102.0㎜ × 38.0㎜ × 18.0㎜
重さ約87g
バッテリー容量1100mAh
電圧範囲3.2V~4.2V
出力範囲(VW)5段階調整 10W / 13W / 16W / 20W / 25W
許容抵抗値0.3Ω~3.0Ω

カートリッジ

容量3.0ml
コイル抵抗値0.6Ω(DL) / 1.4Ω(MTL)

Pasitoの仕様

ポリマー加工
ガラの部分はCPRと言うらしく、
指紋が付きにくいようになっている。

コイル交換可能

3種類のコイルを好みで選べる。

DL用
-Mesh Coil 0.6Ω (20~25W)

MTL用
-Ni80 Coil 1.4Ω (10~13W)

RBA(リビルド)用 ※別売り
-Single Coil (0.5~1.0Ω)

トップフィルとエアフロー

トップフィルなので、
カートリッジを本体に付けたままリキチャできる。

ボトムフローじゃけど、エアの入り口はトップにあるので、
漏れに強い構造になっている。

エアフローは調整できるが、さほど変わらない

アントコンスタント アウトチップ

バッテリー残量が少ないときでも安定した電力を供給

LED

5つのLEDで、
出力やバッテリー残量等を確認できる。

L1L2L3L4L5
出力10W13W16W20W25W
残量20%40%60%80%100%

TYPE-Cコネクター

たしかにコネクターはTYPE-Cなんじゃけど、
対応してるのは5v/1A

操作方法

・ON/OFF
 - 上のボタン5回押し
・出力調整とバッテリー残量
 - 出力調整:下のボタン一回押す毎に出力UP。 
 - 電池残量:上のボタン一回押す。

別売品とリビルド

別売品

カートリッジ
最初は予備で一個しか買わなかったが、
HiLIQで別にもう一個購入した。

RBA(リビルダブルデッキ)
これは最初から2個買った。

ビルド

RBA本体

ばらして、

付属の510接続アダプターを使って、

MODにマウント

28gaのNi80、内径2.0mm、9巻

片足を通した時点で、片方の足はネジ止め固定する。

片足を固定した状態でコイル本体をボトムフローの穴の上に持っていく

もう一方の足も固定穴に通す。

ペンチで固定されていない足を引っ張りながら、
コイルの位置を調整して、残りの足もネジ止め固定する。

抵抗値は0.88Ω

熱入れ

マイクロコイルに整形

28gaの内径2.0mmだと、まだ余裕がある。
最初は内径2.5mmで巻いていたんじゃけど、
デッキいっぱいのシビアな大きさのコイルは好きじゃないので、
今は2.0mmで運用している。

カートリッジ用の土台

510接続のアダプターからカートリッジ用の土台に載せ替えてウィッキング

コットンにリキッドを含ませて、
コットンホールにコットンを収める。

チャンバーをかぶせて完成。

左がDL用のコイル、右がRBA

カートリッジにコイルを差し込んで、

トップからリキッドチャージ

感想

ハッキリ言ってうまい!
じじぃが持っている他のRDAやRDTAと比べても
一番ハッキリ味が出る。困ったことに・・・

バッテリーのことを考えなければ、
これ1つでことが足りる。

良くなかったところ

も、漏れる・・・
使用し始めて、3、4日目に漏れていた。

どうやらカートリッジの個体差で、
漏れるものもあるらしい。
予備で買ったカートリッジは、漏れていない。

こちらの方の記事を参考に漏れ対策をしてみた。
smoant pasito カートリッジのジワ漏れ対策

じじぃの感覚だと、
ツメを押してツメの引っ掛かりを外すと思っていたんじゃけど、
ツメはびくともしない、
ツメに掛かってる溝を浮かしてツメから外すが正解じゃった。

無理してやったので、溝が折れた。

Oリングの上にもパッキンが塗られていた。

ツメを引っ掛ける溝は折れてしまったけど、
交換したOリングは
もとに戻すのにかなり苦労したぐらいキツキツで、
溝が折れたままでも問題なく使えた。

漏れ対策後

しばらく問題なく使えていたので、
直ったと思っていたんじゃけど、直ってなかった。

どうやら、雨が降ると漏れている。
昼休みに晴れていて、
3時の休憩に雨が降っていると、漏れている。
なんじゃろ?気圧の問題なんかね?

参考させていただいた記事に、
上記画像の漏れの対策と
対策済みのカートリッジの販売先も追記されていました。
smoant pasito カートリッジのジワ漏れ対策

最初はバッテリーや基盤が濡れてないか、
分解してみたけど、
カートリッジ周りが濡れているだけじゃった。

そして、シリコンケースを購入してから、
シリコンケース内で濡れているだけなので、
気にならなくなった。

シリコンケース

やっぱ、人気商品だったらしく、
ケースの他にも、ドリップチップやステッカーなんかの、
サードパーティ製の商品がちょこちょこあるね。

購入したシリコンケース

百円ライターのごとく雑に扱えるのが
これまでのPOD型VAPEデバイスの購入条件じゃったんじゃけど、
この「Pasito」は、雑に扱えなかった。

感覚的にはPOD型デバイスっつーよりMODじゃった。
このキレイなボディーにキズを付けたくなかった。
なのでカバーを購入した。

ボタンがある側
ストラップを引っ掛ける側

MOD部分だけすっぽりカバー
首掛け用のストラップも付いているので、
ポケットに入れて持ち歩くよりは、
首にかけて持ち歩いたほうが衛生面も少しはマシじゃろ。
ただし、上着無しで、
直接、Tシャツの上でブラブラさせて歩くのはちょっと恥ずかしい。

ストラップ
吊るしてみた

じゃけど、このカバーを購入してよかったとこは
携帯と重ねてポケットにしまえるようになったとこじゃ。

このキレイな柄が透けて見える白を選んだんじゃけど、
大失敗じゃった。
シリコンごしに透けて見えたところで意味ないっつーか、
やっぱ白は汚れる、っつーか黄ばむ

あと、シリコンケースのサイズは
最初はジャストフィット、
いや少しキツイぐらいだったんじゃけど、
なんかいつの間にか、ユルユルになっていた。
お湯とかで煮れば縮んだりしないかね?

EVERZONで購入

じじぃが購入したときは、
まだ販売開始されて間もない頃だったので、
それなりのお値段じゃった。

本体だけじゃなくて、
リビルド用のデッキ、予備のカートリッジ
全部合わせれば、
マスプロのテクニカルスターターキットが買えるお値段じゃった。
ポッドデバイスにこの値段はなぁ・・・って思っていた。

EVERZONのセールじゃったと思うけど、
Amazonで売られていた価格よりかなり安く売られていた。
リビルド用のデッキやカートリッジは半額以下だったので、
即ポチした。

本体 2,748.65円
RBA Single Coil 505.65円✕2個
カートリッジ 881.64円
合計 4,641.59円

当時Amazonで売られていた本体のみの価格とほぼ同額じゃ。
今は、Amazonでもこなれた価格になっているので、
お手軽さを考慮したら、今ならAmazonでも買いじゃね。

ちょこちょこセールしているEVERZONじゃけど、
ログインしないと、割引価格で表示されないものがある。
ものによっては、ログインすると半額以下の商品もある。

Aliexpressと同じ中華系のECサイトじゃけど、
EVERZONはVAPE特化の通販サイトじゃ
最初の登録が面倒くさいけど、
日本語も対応、ペイパルも対応しているので、
比較的お手軽なVAPE専門海外ECサイトじゃ。

最後に

次々と新しいPODデバイスが出てくるけど、
安定してカートリッジを購入できる商品は少ないんじゃないかな?
人気のない商品はすぐ消えていくじゃろうし、
メーカーも新商品売りたいじゃろう。

リビルドできれば、コイルの在庫とか気にしなくてエエからラクじゃね。
もちろん、コイル巻く手間は増えるけどね。

今回紹介した商品のページ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ポッド

Posted by kabacho