最近ハマっている動画 歌手・当打之年(歌手2020) MISIA

2020年4月25日

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

やっぱ、MISIAさんってすごいねぇ。
歳を重ねるごとに音楽を聴く頻度も減ってくるのだが、
聴き入ってしまうね。

動画見ながら書いたってエエじゃないの

ユーチューブなどの動画を見ながらブログ記事を書いているのだが、
最近ハマっているのがMISIAさんが中国の歌番組に出演している動画。
完全に手が止まってガン見してしまうw。
こんなこと書くと怒られるかもしれんが、
MISIAさんって見た目と歌声からは想像できない可愛らしい喋り方するって
ずっと前から思っとったけど、じじぃだけ?

なんかね、動画のコメントに
MISIAの声域は5オクターブだ!恐れ入ったか!!的なコメントが有って、
じじぃ的には「で、お前は誰だw」って思ったのは冗談だが、
MISIAさんとかマライアとか何オクターブ出ますって衝撃的だけど、
こうして色々歌っている姿を視聴すると、
そんなことは彼女たちとってほんの一部、
たとえ2オクターブ半ぐらいしか出なかったとしても
彼女たちの素晴らしさは何も変わらないだろう。

PRODUCE 48

ちょっと前にあったPRODUCE 48にもハマったが、
海外で日本人が頑張ってる姿、
現地の人とわかり合える瞬間とか涙ちょちょぎれ・・・
年取ると涙もろくなるのぉ。

じじぃの推しだった、
キム・スユンさん(Rocket Punch)とキム・シヒョンさん(EVERGLOW)
二人ともデビューできてよかったよ!
あと、高橋さんも♥

PRODUCE 48はABEMAではもう見れなくなってるみたいじゃね。
ちっ、アフィリエイトでチャリ~ン,チャリ~ン,言わそうと思ったのにw
かわりにPRODUCE X 101が見れるみたいっすよー(棒)

ABEMA

歌手2020に出演中のMISIAさん

いつまで公開されているかは分からないけど
YouTubeの公式チャンネルからいくつかリンクを貼っておくよ

逢いたくていま

JIN-仁-の主題歌だっけ?
ドラマも面白かった的なコメントもあった

EP1 逢いたくていま

明日へ

知らなかったんだけど、
この歌は東日本大震災復興応援メッセージソングなんだってね。
だからコロナが猛威を振るう今、この歌を唄ったそうだ。
このEP3ではMISIAさんが一位を取った。
コメント欄を見ても、
国は違えど同じ空の下、世界は1つだと感じさせてくれる。
一起加油!

EP3 明日へ

つつみ込むように

これぞMISIA、じじぃの中でMISIAさんって言えば
この「つつみ込むように」か「everything」

EP5 つつみ込むように 

行かないで

玉置浩二さんの「行かないで」
色々な人にカバーされているみたいだが、
最近はDimash(ディマシュ)さんのカバーから、
本家の玉置さんの動画へ流れてくる人がいるみたい。

最初は、
若い海外の人が玉置浩二さんの「行かないで」をカバーをしていると思って、
ちょっと嬉しくなったけど、
どうやら「行かないで」をカバーした
ジャッキー・チュンさんの「李香蘭」のカバーらしい

Dimash(ディマシュ)さんは
マジで素晴らしいシンガーで、音域も衝撃的だ!
そして、彼の音楽と同じくらい顔も美形
うんうん、人気でますよねぇ、わかります。

ただ、コメント欄の信者がうざくて、
Dimash(ディマシュ)さん自体を敬遠してしまいそうになる。

ジャンルとか関係なく、
スポーツだろうがアニメだろうが、
じじぃは昔っから、
熱狂的ファンってのが苦手なんじゃよねぇ・・・

いるじゃろ?
一方的に自分の好み押し付けて、
上から目線で語るやつ。
ちょっとでも否定、いや否定的なことを言うと、
猛攻撃してくる面倒くさいのが・・・・

弱ったことに、
応援している事や人ですら、
自分の好みからずれると、
やれ、裏切られたーじゃ、オワコンじゃとか、
可愛さ余って憎さ百倍状態・・・ガクガクブルブル

ずいぶん話がそれてしまったが、
MISIAさんによる玉置浩二さんの「行かないで」のカバー

ジャッキー・チュンさんの「李香蘭」も有名らしく、
Dimash(ディマシュ)さんもこの番組で人気が出たらしいので、
オリジナルの「行かないで」を歌いますって発表したら、
みんな、「おぉ~」ってなっとる。

山崎邦正さんを可愛くした感じの男の子が
「(玉置さんは)僕の憧れの人じゃ」って言ったら、
K-POPっぽい男の子が、
玉置浩二さんに会ったことある(見たことある)って、
自慢してるね(カワエエ)w

EP7 行かないで

最後に

もともと、
中華製サウンドバーで見た目スッキリ、お手軽PCスピーカー」の
記事を書いている時に、
「つつみ込むように」の動画に釘付けになり、
この感動を共有したくて、
中華サウンドバーの記事の冒頭に書いていたのだが、
抜き出してこの記事にまとめた。

やっぱ、音楽はええのぉ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

独り言

Posted by kabacho