USBフラッシュメモリ BUFFALO RUF3-K32GA-BK/N

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

BUFFALOのUSBフラッシュメモリ、
RUF3-K32GA-BK/Nを購入したので、ご紹介

買った後に、レビューみてびっくり
やっぱり、USBフラッシュメモリってアタリハズレがあるんじゃな。

すぐ壊れる

USBフラッシュメモリってすぐ壊れん?
今までに何個か購入しているが、
けっこうな確率ですぐ壊れる。

アタリならけっこう長く使えるんじゃけど、
ハズレは一回か二回ほど使って、
しばらくぶりに使おうとしたら壊れているパターンがけっこうある。

いま手元に残っているUSBフラッシュメモリは4個あるけど、
2個壊れている。

壊れている2個は、
ホンマに一回か二回ほどしか使ったことがない。

ほぼ使っていないのに壊れていた2個

逆に、壊れていない2個は、
4GBや8GBのかなり古いUSBフラッシュメモリじゃけど、
けっこう活躍してくれている。

けっこう長持ちしてくれている2個

前回の記事でブータブルUSBを作った

いろいろ試してみるために、
USBメモリを差し替えるだけで、
UbuntuやKnoppix、SystemRescueをそれぞれ起動できるように
ブータブルUSBを3つ作りたかったんじゃけど、
上記の通り
4個中、2個は壊れているので、1個足りない。
安いUSBフラッシュメモリ買うか

BUFFALO RUF3-K32GA-BK/N【Amazon.co.jp限定】

とりあえず、
USBフラッシュメモリを購入するのに、
わけのわからんメーカーの安いやつは一発で壊れそうなのでさけた。

今もっているUSBフラッシュメモリで、
もっとも古くて長持ちしているBUFFALOのやつを買うことにした。

32GBで800円って安いな(2021/3/15購入時)

この記事を書くのにレビュー見たけど、
けっこうひどいな・・・

外装

シンプル
これでコスト抑えて安くなっているなら好感もてるな。

ネット購入のUSBフラッシュメモリの外装のデザインとか、
どうでもエエからな。

内容物

USBフラッシュメモリの中に、
「BAFFALO」のフォルダがあって、
その中に「RUF_S_DL.EXE」をダブルクリックすると、
「RUF Series Software Download Tool」が立ち上がる。

「Disk Formatter2」と「マニュアル」がダウンロードできるらしい。
あくまでもリンク先へ飛ばしてくれるだけ。

「Disk Formatter2」は名前通りフォーマットしてくれるアプリじゃろう。
そして「マニュアル」はすでにリンク切れ。
どちらも必要ないけど、なんだかなぁ・・・

外観

スペック

インターフェースUSB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
端子形状USB Type-A
外形寸法(幅×高さ×奥行)20×9×55mm
※本体のみ(突起部除く)
質量約10g
カラーバリエーション黒・白
容量ラインナップ8GB / 16GB / 32GB / 64GB
定格電圧5.0V±5%
消費電力最大2.5W
動作保証環境 結露なきこと温度:0~40℃
湿度:20~80%
保証期間1年

ベンチマーク

とくに書くことも無いので、
とりあえずベンチマークでものせてみる。

USB3.0で接続して計測してみた。

リードは公式よりもスピードがでてるが、
ライトが・・・・

0.00
0.01って・・・

接続先を別のUSBに挿して計測しなおしてみたが、
結果は同じじゃった。

fat32からNTFSにフォーマットし直したら、
もう少し早くなりそうじゃけど、
なんかUSBフラッシュメモリって、
こんなもんらしいね。

最後に

ブータブルUSBを作ろうと思って買ったんじゃけど、
結局、買っただけで使わなかった。

以前は、
Windowsが壊れた時に復活できるように
ブータブルUSBとして持っていたんじゃけど、
今は、
必要な時にちょこっと使うだけ。

いつ壊れるかわからんUSBフラッシュメモリに
データを入れっぱなししておけない。

今回買った、BUFFALO RUF3-K32GA-BK/N
長持ちしてくれるとエエな。

PC関連

Posted by kabacho