じじぃもハマった異世界漫画5選

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

今回は、じじぃがハマった、
kindleで読める異世界漫画のご紹介

異世界転生?異世界転移?

じじぃはけっこう漫画が好きじゃ。
20代は小説にハマったこともあったが、
年取って、
絵のない文章を読むエネルギーはもう無い。

長年漫画を読んできたじじぃが、
新鮮な気持ちで読めたのが
いわゆる、
なろう系と言われる異世界ものの漫画で、
村人:「まぁまぁ勇者さん、落ち着いてくださいよ」的なノリは
新しかった。

じじぃのおすすめ5選

転生したらスライムだった件

転生してチート的な能力、それに対する周りの驚きと羨望、
よくある異世界ものじゃけど、
題名そのまま、
スライムになった主人公と集まる仲間とともに、
集落から国へと発展していく。

できるだけ、
アニメ化したような有名な漫画はさけて選ぼうと思ったんじゃけど、
また話が面白くなってきたので選んだ。

正直、途中で飽きてきて、
このまま読むの止めちゃうなぁって思ってたんじゃけど、
教師編が終わったあたりから、やっぱテンスラ面白ぇってなった。

村人ですが何か?

こちらは、転生後に村人になるパターン
幼馴染が勇者と賢者。

初めて読んだ異世界漫画は「賢者の孫」、
その次に読んだのがこの「村人ですが何か?」
異世界漫画っておもしれぇって、
続きが気になって原作を読みに行った作品。

ダンジョンシーカー

主人公だけじゃなく、
いじめっ子達と幼馴染と一緒に異世界転移させられる。
裏切りからの復讐のために強くなるお話

正直、あまり期待しなくて読み始めた作品じゃった。
けど読み出すと、いっきに最後まで読んでしまった。

今回紹介した中で唯一、完結している作品

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~

なろう系っていうよりは、
大手出版社の掲載漫画を読んでいる感じじゃった。

タイトルから、
愛すべきダメ人間的な話を想像して読み始めたんじゃけど、
ワリに真面目に本気を出していく話じゃった。

最初はちょっとダルいけど、
話が急変してから面白くなる。

できるだけ、アニメになっていない作品を選んだつもりじゃったけど、
1/10から放送開始するそうです。

ライブダンジョン!

ヒーラーの立場を向上するために、
ネットゲームでのキャラクターの各職業の役割を広めていく話。

ネットゲーム「ドラゴンネスト」にハマっていたとき、
雷系が好きで選んだクレリックって基本職が、
タンクかヒーラーに転職できる。

アタッカーやヒーラーは理解していたが、
タンクって役割はドラネスで学んだ。

じじぃはパラディン(タンク職)をメインキャラクターで
遊んでいたんじゃけど、
在籍していたギルドの人たちがいい人ばかりで、
タンクとか関係なく好き勝手させてもらっていたが、
「シードラゴン」が実装されたあたりから、
各職業が役割をはたす重要性を理解せざるを得ない状況になった。

そうなると、
自分がどれだけ地雷じゃったことも理解したし、
理解すると、
タンクの技術の無いじじぃがパーティーに入ることができなくなった。

ドラネス始める前に読んでおきたかった漫画じゃね。

最後に

じじぃが物語に求める要素は
話の進むテンポの良さと爽快感じゃ

話の進むテンポでいうと、
じじぃはジワジワくる系が苦手
というか、
結果的にジワジワきたって作品は好きなんじゃけど、
あらかさまにそれを狙っとるって感じの作品は苦手。

やっぱ、
ポンポンと話が進んでくれると引き込まれていく。
逆に、
ダラダラと話が進むと疲れちゃうし飽きちゃう。

爽快感でいうと、
蔑まれていたりと冷遇されている中、
苦境を乗り越えて周りを見返す話はスカッとする

あと、
成り上がりものとタイムリープものは、
やっぱり面白いものが多い。

成り上がりものは、
結果的に爽快感ついてくるし、
タイムリープやタイムスリップものは、
現代知識や倫理に驚いている昔の人の反応を見てるとニヤニヤしてしまう。

その両方の要素を持っている作品が多い異世界漫画にハマったのは
当然の結果じゃったね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

独り言

Posted by kabacho