水洗いができる鼻毛カッター、フィリップス NT3162/10のレビュー

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

丸形の電動鼻毛カッターよりも、
ハサミやカミソリを同じように、
狙ったところをカットできると思って購入した
「フィリップス エチケットカッターNT3162/10」
実際には、ハサミやカミソリとは大きく使い勝手は違うものだった。

鼻毛が出てたらがっかりじゃろ?

どんな美人とデートしてても、
鼻から毛がこんにちはしてるのを見つけてしまったら、
がっかりするじゃろ?

じじぃはエエけど、
よそで他の人に見られないようにするには?
もう、そのデートは
いかに傷つけないように気づかせてあげる方法がないか?
そのことばかり考えてしまう。

もともと毛深いじじぃは、
鼻毛とか、あっという間にボーボー
眉毛も気持ち悪いくらい伸びる。
やっぱり恥ずかしいよね、鼻から鼻毛が出ていたら。

外出先のトイレで、手を洗っている時に気が付いてしまう。
鼻毛がこんにちはしている。
慌てて指で押し込んでさようならするんじゃけど、
しょせんその場しのぎ。
カットきゃよかったけど、ハサミでこまめにチョキチョキやっとられん。

何十年前に手にしたかもう覚えていない、
鼻毛用のハサミを使っていたんじゃけど、
もっと簡単に処理できる、できそうな電動鼻毛カッターを買ってみた。

フィリップス エチケットカッター(鼻毛・眉毛・耳毛用) 本体丸洗い可 NT3162/10

フィリップスのNT3162/10を購入
他に、もっと安くて多機能の商品があったけど、
とりあえず鼻毛と眉毛の処理ができるればええなっと。

購入の一番の決め手は、水洗いできるから。
一般的な丸形だと、
電気ひげ剃りみたいに、内部にカットした毛がたまりそう。
そしてハケとか使って、内部を掃除するのを想像したらダルくなった。

外装

全縁、糊付けの剥がしポイントも無くて、
開けづらいパッケージ

外観

本体

ばらしてみた。

内容物

  • 本体
  • キャップ
  • 眉コーム 3mm
  • 眉コーム 5mm
  • ソフトポーチ
  • 単三電池
  • 取扱説明書
  • 購入証明書

NT3162/10の仕様

チューブトリマー
ひと目で他の商品とは違う形をしているのがわかるフィリップスの独自開発。
先端が丸みを帯びたカッターで、鼻の切り傷を防止。
毛が引き抜かれないように、独立して動くカッターが毛を巻き込まない。

眉コーム2種
3mmと5mmの種類のコームで長さを選べる

眉コーム short(3mm)とlong(5mm)

本体丸洗い可能
防水はIPX7で、シャワー中でも使える。
水洗い後でもオイル差し不要で簡単お手入れ。

保証2年間
全世界で本体保証あり

NT3162/10の使い方

電池カバーをネジって、
本体の「▽」と電池カバーの「△」をあわせると
電池カバーが外せるので電池を装着

本体の「▽」と電池カバーの「○」をあわせると
電源がオフ
本体の「▽」と電池カバーの「|」をあわせると
電源がオン
あとは鼻の穴に突っ込んでカットしたいところをカットするだけ

眉コームは、コームの部分がカッターの上に来るように装着
逆にも装着できるので注意。

眉毛全体を眉コームで整えたらコームを外して眉の形を整える。
丸形の鼻毛カッターと違って縦長なので、
カミソリと同じようにして眉の形を整えることができる。

使用後は水洗いして、キャップをハメれば完了

電源を入れてコップの水に浸けると洗浄できる。

コップの水に刈った毛が落ちる。

ササッと水分をとって、キャップをして保管

キャップを付けたところ

NT3162/10の使用感想

予想とはちょっと違った。
もっと無慈悲にバリバリと毛を刈ってくれると思っていたんじゃけど、
ちょっとコツがいるのかな?

電動ひげ剃りと同じで、長い毛は無理っぽい
伸びてきたから、ゴソッと処理するんじゃなくて、
ひげ剃りと合わせて、毎日処理するのがベストな使い方っぽい。

じじぃは、ある程度伸びてからゴソッと処理したい派
でも、毛の巻き込みとか考えたら、
安全に使用するには、
毛が伸びないように短い毛を
毎日とはいかなくても、
こまめに処理するしかないのかな?

最後に

予想とは使い勝手が違ったので、
じじぃの使用目的(伸びたらゴソッとカット)では、
買ってよかったとは言い難い。
もうちょっと使ってみて扱い方も慣れてくれば、
変わってくるかもしれん。

値段的にはお手頃な価格じゃけど、
鼻毛や眉毛をカットするだけのものと考えたらこんなんもじゃろね。

眉コーム無しならもっと安く買える。
しかし、眉コームと薄っすいポーチが付くだけで、
500円以上の値段差とは・・・
まぁ、値段は上下しているからなんとも言えんが。

ブログランキング・にほんブログ村へ

健康

Posted by kabacho