MTLってなんぞや?Vapefly Galaxies MTL RDA

2020年3月26日

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

MTLとDLの違いと、
Galaxies MTL RDAのレビューに、
おすすめのビルドを紹介

ご注意!

・VAPEは20歳以上を対象とした嗜好品です。
・法律やマナーを守って楽しんでください。
日本国内ではニコチンリキッドの
販売、譲渡、授与は法律で禁止されております。
(個人で使用する場合のみ輸入使用可)
・法律とルールを守って自己責任でお願い致します。
この記事は未成年者の喫煙を助長するものではありません。

やっぱりVaptio P3 Gearがうまい

ビルドデビューしてから、
じじぃは自分を誤魔化しながらVAPEしていた。
やっぱり自分でビルドして吸うドリッパーはうめぇなぁ!!・・・
うまかった、うまいはずだ、うまくないはずがない・・・
だめだ、やっぱりVaptio P3のがうめぇ・・・
なんとか美味しくビルドできないもなのかと、
色々漁ってたら見る動画、見る記事、誰もがべた褒めする
Vapefly Galaxies MTL RDAというアトマイザーの存在を知った。
Galaxies・・・? 銀河たち・・・?
なんかデカイなw そこは置いといて、
みんながそんなに褒めてたら欲しくなっちゃうよねぇ。

あわせて読んでね

VAPEの吸い方

VAPEする上で1つ、2つ悩みがあった。
まず、部屋が真っ白になる、
一人で5分もプカプカしてたら
学生の時代に溜まり場でテツマンしてたら
部屋が真っ白!!と同じ状態になる。
最初は楽しかった爆煙も、
一週間もすればうっとうしくなってくる。
そして、リキッドの燃費が悪い・・・とても悪い・・・。
その悩みを解決してくれそうなのがMTL

VAPEの吸引方法は2つあって、
MTLとDLの二通りが主な吸い方だ!

MTLとは

MTL(Mouth To Lung)、
一度口の中に煙(蒸気)を溜めて、それを肺の中へ入れる、
いわゆるタバコ吸いだ!
これは味と香りを楽しむのに適していると言われている。

DLとは

DL(Direct Lung)、
吸った煙(蒸気)を口に溜めずにそのまま肺の中へ入れる。
いわゆる直肺(直接、肺へ)だ!
この言い方はじじぃの周りだけが言っている言い方なので
使い方注意。
大量の煙(蒸気)を一度に吸えるので爆煙に向いている。
あとニコチンベースリキッドの濃度が薄くてもワリに満足できる。
と言うか、薄くしておかないと
ニコクラ通り越して30分ぐらい気持ち悪くなって悶える。
爆煙を楽しみたいなら

高出力、低抵抗、エアフローは全開、DL

じじぃはボングなどで直肺には慣れていたが、
フツーの紙巻きタバコを吸ってきた喫煙者にはDLは慣れないらしく、
ツレはMTL(タバコ吸い)で吸っている。

なぜMTLなのか?

一般的にMTLといえば低出力、高抵抗、しぼったエアフロー
具体的には10W~15W、0.8Ω~1.2Ω、
エアフローはタバコと同じか
ちょっとキツイぐらいでじじぃはMTLをしている。

つまり、
低出力:バッテリーに優しく
高抵抗:リキッドの燃費を抑えて
しぼったエアフロー:味や香りの濃いミストで煙(蒸気)が少ない。
最高やん?まさに求めていたものだ!!

外装外観

本体
側面
底面

スペック

サイズ:22 x 32.4mm
コイル:シングルコイル
材質:PMMA /ステンレス
スレッド:510スレッド

6段サイドエアフローシステム
独自の無制限スクリュー気流制御
耐熱用PMMA / Delrin材
BFピンアダプタ付属
簡単なコイル構造のデッキ
Modから容易に取り外せるようにスロット設計を制限する
深いジュース

Vapefly Galaxies MTL RDA 22mm MTL電子タバコアトマイザー510スレッドRDA交換可能なシングルコイルRDA (black)

ちょっとあやしい日本語だが、だいたい言いたいことはわかるw
ちょいと補足しておくと、

  • サイズ:22 x 32.4mm 幅22mm×高さ32.4mm
  • コイル:シングルコイル シングルコイル用デッキ
  • 材質:PMMA /ステンレス アクリル樹脂/ステンレス
  • スレッド:510スレッド
  • 6段サイドエアフローシステム
  • 独自の無制限スクリュー気流制御 中のデッキにエアフローを調整できるイモネジがある
  • 耐熱用PMMA / Delrin材 ここはよくわからん
  • BFピンアダプタ付属 BFピン付属
  • 簡単なコイル構造のデッキ コイルビルドが簡単にできるデッキ構造
  • Modから容易に取り外せるようにスロット設計を制限する トップキャップを回した(ねじった)時に、 トップキャップだけがクルクル回り続けないように、 トップキャップ内に引っかかりが有り、引っ掛かりからデッキも一緒に回るので、容易にMODからアトマイザーを取り外せる。
  • 深いジュース リキッドが沢山入る深いウェル

分解

分解してみた
デッキとドリップチップ
チャンバー(トップキャップ裏)

ビルド

電タバ貴族のChannelさんの動画が購入の後押しになったので、
動画を元にビルドしてみる。※動画リンクは記事下に
ただし、動画通りの2.5mm径で7巻は0.85Ωあたりになるので、
3.0mm径で7巻、1.00Ωあたりを狙ってビルド

こちらのワイヤーを使用
3mm径で7巻
ガイドに載せてセット
ネジ止めできたら、上に引っ張って位置決め
抵抗値は0.95Ω
ドライバーンしながら、キュッキュッと整形
必要なぶんだけほぐしーの
ちぎりーの
フワッとまるめーの
左上の角と右下の角付近をひっぱりーの
コイルにそうにゅー
余分をカット
完成

最後に

正直、RSQのスターターキットに付属していたアトマイザー、
NERISSAのMTL用トップキャップで吸った感想は
すぐに熱くなって吸えない。
もしそれがMTLだと言われたら、
galaxiesも吸えないってことになる。
が、杞憂だった。
たしかに熱くなるが、ドリチまでは熱くならないので
オシャブリの如くちゅーちゅーチェーンスモーキングできるw
これだけでも買った価値があるってもんだ!
それにデッキのメカメカしたところも好きだ!
ただ正直に言うと最初は、
安易的な銀河のデザインはかっこ悪いと思っていたw。
総合的に言うと、
値段にビルドに味と、
見る動画、見る記事、誰もがべた褒めする理由がよくわかった!!
買いですよ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ