安い左利き用ゲーミングマウスと大型マウスパッド

2020年3月28日

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

なんちゃってゲーミングキーボード
「Levens YC-KT001」と同時に購入した、
ゲーミングマウスと大型ゲーミングマウスパッドのご紹介
この価格のマウスで
左利きにもサイドボタンが押しやすい左右対称のデザイン
個人的にはもうちょっと小ぶりな方が好みじゃったんじゃけどね。

Senders ゲーミングマウス M100

Senders ゲーミングマウス M100

今回マウスを買うにあたって、
左利き用でピカピカ光るマウスを探した。
わかっていたけど、いやー少ないねぇ左利き用・・・。
てか無いねぇ、カッキリ左利き用ってのは。
そして左右対称で左利きにも対応のこの商品を購入することにした!

Senders M100の製品仕様

光学式有線マウス
カスタマイズできる9ボタン
左右対称
DPI200~10000

センサーAvago 3325
サイズ全長126mm  幅66mm  高さ38mm
本体重量105g±5g
材質ABS+UV
ケーブル編組ナイロン製、約160mm
ボタン9個
ユーザーズマニュアル
日本語

Senders M100の外装外観

前から
横から
後ろから
上から

PCアプリ M100 Gaming Mouse

これは期待してなかったけど、あって嬉しかった管理アプリ

各ボタンのナンバー割当
左の一覧ナンバーが中央のマウス画像のボタンと一致

左の「①左クリック」にマウスオーバーすると
中央のマウス画像の該当箇所に①が表示される
「①左クリック」の「左クリック」をクリックすると
割り当てられる機能一覧が表示される

ボタンに割り当てられる機能一覧

じじぃは④と⑤の左側のサイドボタンには横スクロールをセット
右側のサイドボタンの⑧が閉じるをセット、残りのボタンはデフォルトで設定

ファイヤーキーの設定で横スクロール
マクロの設定で閉じる

右側のタブ

DPI

⑥のDPIボタンで全部で5つ切り替えることができるが、
「DPI3」と「DPI5」以外は邪魔なのでチェックをはずした。
右のスライドバーで各DPIの値を変えれる

DPIの設定。

点灯

もちろん、
⑦のボタンでもLEDの光り方のパターンを買えることはできるが
こちらで名前からイメージして選ぶこともできる。

LEDの調整

マウス パラメータ

マウスの調整

レポートレート

ポーリングレートまたは応答速度のこと
なぁ~んて知ったげかましたが、
マウスの操作情報をPCへ、
一秒間に何回送るかを設定できるらしい。

レポートレート

左利きのSenders M100の使用感想

編組ナイロン製のケーブルはかっこいいが、
いわゆる柔らかいケーブルではない。

裏側の切り替えボタンで
「左利き・右利きモード」の切り替えができるってことで
試してみたが、
初めてPCを触った時から、
右利きマウスをそのまま左側に置いて使用し続けたため、
逆に左利きモードが使いにくくてすぐ止めた。

裏面

5つのDPIをセットできるが、多すぎて逆に使いにくい。
普段使いの2000DPIと
3画面モニターの端から端へスッと移動させる時の5000DPIの
2つを登録しているが、まぁ使わないな

ゲームをする上で、
素早い動きが必要な視点移動から、
慎重に照準を合わせて狙う時などは
ボタン一つで適したDPIに切替ができるのは
大きなアドバンテージじゃね。
ただ、じじぃはゲームパッド使ってゲームするので関係ないけど

LEDは気にならない光り方として呼吸モードに

ずっとコンパクトなマウスを使っていたので、
最初は正直使いづらいと思った。
いつもの感覚でマウスを握ると、ゆ、指が届かない・・・。
まぁ、すぐに慣れるけどね。

BUFFALO BSKBW100SBK付属のマウスと大きさ比較

マウスパッド 大型 防水 ゲーミングマウスパッド90*40*3MM (ブルー)

ニトリの座卓

ニトリでPC作業用として購入した座卓、
3画面マルチモニターを想定した120cm×90cmの大型座卓。
座卓なのでPC作業用としては低かったので、
コタツの継ぎ脚を百均で買ってきて、継脚2段にして運用

おそらく、買ってから2,3ヶ月で天板が剥げてきだした。
ここで飯食ったりしてるから、
熱い皿とかの熱でそうなったのかなぁ?

ニトリで買った座卓

そのうち天板シールを貼ろう貼ろうと思いながら、
今回のキーボードとマウス購入をきっかけに
大型マウスパッドが楽でエエなぁって、隠しきれてないけど

外装外観

大型マウスパッド

使用感想

サイズは90cm×40cm×3mm
大きさはサイコー
左からゲームパッド、マウス、キーボード、スマホがキレイに並べて置ける。

Amazonレビューにはゴム臭い、陰干しが必要とあるが、
じじぃは開封時に臭っただけですぐわからなくなったな。

開封時はシワっていうか、ヨレっていうか、
ピタッて敷けなかったのだが、2,3日で無くなったかな?

防水とうたっているが、何が防水なのかよくわからん。
水洗いはできるが、
縁の縫い目がほぐれそうな気がしたのでゴシゴシとは洗えなかった。
乾かすのも、洗濯バサミの跡とか付けたくなかったので、
ハンガーを2個使って乾かした。

最後に

なんちゃってゲーミングキーボード「Levens YC-KT001」 は、
あぁ、格安ゲーミングキーボードだもんねぇってところは有ったが、
この「Senders M100」はそういうところは無かった。
まぁ、じじぃは高級キーボードや高級マウスを使ったことがないので、
実際のところはわからない。

通常サイズのマウスパッドだと、
ちょくちょくOut of マウスパッドしてしまうことがあるし、
昔と違ってコロコロマウスもないので、
マウスパッド使う頻度はすっかり減った。
その点、この大きさならOut of マウスパッドすることはない。
まぁ、デザイン以外でマウスパッド使う意味はあるのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ

PC関連

Posted by kabacho