ジャンクCPUをヤフオクで買った話

2020年4月27日

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

安易に飛びついてしまったジャンクCPU、
見事にゴミじゃった。
購入後に知ったことだが、
マザーボードが壊れなかっただけでも良しとしておこう・・・

エセ7のチップ配列

PCをアップグレードさせたい

自作PCにLED付けて、
マウスとキーボード、スピーカーを光らせて、
なぁ~んか、気分良くなったじじぃは
このままPCをアップグレードさせたくなってきた。

最初に目を付けたのは
ゲーム時のパワー不足を補えるグラボ。
LEDでデコレーションしたPCだが、
ポッカリ穴が空いたようなグラボ部分も光らせたい。

しかし、普段使いには何のストレスもなく使用していたので、
すっかり忘れていたのだが、
CPUがどうしようもなく貧弱だったってこと思い出した。
「Pentium G4560」では
せっかくグラボをアップグレードさせても、
その能力を発揮できない。

ジャンク品購入経緯

内蔵グラフィック非搭載のFシリーズなる
とても魅力的なCPUが気になるが、
今のCPUは「Pentium G4560」、つまり第7世代(Kabylake)・・・
当たり前だが互換性が無い。

マザボごと交換するなら、今人気のAMDさんで組み直したい。
(もともとはAMD好きじゃったんじゃよ)
どちらにしても、
それなりのお値段になるし、別のPCになってしまう。
ただ、Windows10ではCPUとマザーボードを交換しても
アクティベーションは通るらしい。

Windows 10以前のOSでは、OSを含むハードディスクの中身をそのままの状態でハードウェア(マザーボード)を交換してしまうとOSすら起動できなくなる場合もありましたが、Windows 10では起動も問題なくできます。安心してハードウェアの交換ができるのも大きなメリットです。

http://dospara-daihyakka.com/report/windows10-license.html

ま、逆に型落ちなら安く買えるんじゃね?的な考えで、
第6世代、第7世代の「Core i5」を探してみたが、
全然値段が落ちてねぇ、いや落ちてるのだろうが、
そこまでの金額出すぐらいなら、
第9世代のFシリーズをマザボとセットで買うわ!
そしたらきっと、それに合せたグラボも欲しくなるし、
メモリも増設する・・・・、
これじゃ、そのまま買い替えと同じじゃ。

もっと安く抑える方法はないのか?
なんとかCPUだけアップグレードできんもんかのぉ?
新品が無理なら中古でなんとかならないか?
そう思って探して行き着いた答えが

ジャンクCPU

エセ7-6700k
両端の押しつぶされた跡って、もしかして殻割りの跡なのか?

ジャンク品を復活させる動画をけっこう色々見てたんじゃよねー
実際、ハードオフでジャンクギター買ってきて、
動画を参考にリストアしたこともあったので、
なんか、理由も無く(自分に都合よく)、
何とかなるじゃないかって、ジャンク品に飛びついてしまった。

購入先と購入品

メルカリとヤフオクで探してみたが、
どうも、じじぃはヤフオクの方が使いやすい。

そしてヤフオクで落札したのがこの
「Intel i7-6700k SR2L2 4.00Ghz LGA1151ジャンク」
落札価格:4600円
送料込み支払金額:4785円

どうなったか?

起動すらしなかった。
しかたなく、すごすごと「Pentium G4560」に戻しましたとさ。

それから調べてみたけど、
購入回避する方法はいくつもあった。

まず「リマーク品」と言うらしい。
安価なCPUの印字を高価なCPUの印字に書き換えて販売。

人によっては、
i7を買ったらWindowsに、このCPUはi3ざんすって言われたり、
中身が分からないように、
あらかじめ壊して販売されたものをつかまされたり、
その壊れたCPUを使って、マザボまで壊れてしまったりとか。
なかなかたちがワリー

いや、マザボ壊れなくてよかったよ(汗)

ジャンクCPUを買う前にやっておくこと

完璧ではないが、予防線を張っておくことはできる。

出品者の評価

Amazonのレビューとか見るのと同じ感覚じゃね。
つか、なんでこんな基本的なことをし忘れたんじゃろ。
このジャンクCPUの出品者の評価を
後から確認したら、動作不能でしたの書き込みが
わんさか、つかそれしか無かったw

intelで照会

インテルの保証に関する情報ページで
バッチナンバー(FPO)とシリアルナンバー(ATPO)を入力すば、
製品の保証情報が確認できる。
つまり、偽物なら保証情報が出てこない。

一番下の「X703B604」がバッチナンバー(FPO)

オークションページの画像で、
シリアルナンバーがわからなくても、
「シリアルナンバー (ATPO) の一部または全体」でエエらしいので、
シリアルナンバーは「0」だけ入力しても、
バッチナンバーは本物かどうか確認できる。

画像で確認

ググれば画像が簡単に出てくるので、
オークションページの画像と比較できる。
チップの数や配列が違ったりする。

左がジャンクCPUで右がネットで拾ってきた本物
このジャンクCPUの場合は画像では違いがわからんのぉ

最後に

じじぃはもうジャンクCPUには手を出さない。
それが最大の予防線じゃな。

目先の欲で、自分の都合にエエように解釈して、
ガキンチョのごとく飛びついてしまった。
歳ばっか取って、学ばんじじぃじゃ・・・

わかっちゃいたけど、
じじぃは詐欺に引っ掛かるタイプの人間じゃったんじゃなぁって、
気を付けんといけんの。

記念に、いや戒めにPC内部にマウント

それでも安物買いの銭失いは止められんぜ!
みんなも気をつけようぜ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

PC関連

Posted by kabacho